アムステルダムの砦

アムステルダム

アムステルダム

アムステルダムの砦に位置している、ノルを連れて行っオランダの徳・ヘランドや馬トーマツを支える。

早く第一次世界大戦が勃発前の19世紀末、アムステルダム防御線からされ、その環状の防御線135キロにわたって、上に建てて45基の砦。

アムステルダムの砦

アムステルダムの砦

防御線を併せ持つディフェンスと反撃機能。戦争勃発時、要塞まで」を先施大洪水を防衛砲兵リサイクル砲台と砦を打ち返す。洪水時、水位がコントロールキーは、敵の歩兵渡河を阻止することができ、また敵の軍艦を攻撃できない。水位が低いため、敵を1回水位が高くて、敵艦がやってきた。制御洪水水位は主として、運河のこれからはきっとまで利用水門やポンプ技術、オランダ人が数百年の蓄積の総括を実踐して、すでに完全に掌に殺到したこのセットの複雑な技術。また、できるだけ使って洪水から淡水製造、平和の時も用いて土地を耕し、

アムステルダムの砦

アムステルダムの砦

アムステルダム防御線の上の砦建てて各種の補給施設、飲用水の缶、穀物倉庫、キッチン、通信基地、店舗や、士官室、兵士寮、盟洗濯室、病室などの全施設として、また、安全地帯を作って武器庫と弾薬庫、

砦の間の距離によってその大砲の射程は確定しても、一番遠い3500メートル。みが眺めるのです塔や装甲砲塔防御線の上でどこにも見られて、全体の環状の防御線は砦の間の堤防と堤防構成。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.