ブリュッセル大広場

ブリュッセル大広場

ブリュッセル大広場

敷地面積は約3000~4000平方メートルのブリュッセル大広場はブリュッセルの中心広場。
は12世紀広場長ない百メートル、幅30、40メートル、路面店は花崗岩。各種のゴシック式、ルネッサンス式、ルイ14世式などの建物が環広場の週りに立って、まるで中世感じさに身を置く。
ブリュッセル市庁舎田舎大広場、1基の典型的な古代弗兰德ゴシック建築。それ1402年にわたって建設が始まり、70年以上も、1480年に竣工し、全体の建物は雄大壮観で、ガンダムの90メートルの市庁舎庁塔の尖塔の上にある尊5メートルのブリュッセル城の守り神の銅像。後は何度も拡張された市庁舎勢いがさらに非凡。庁内の装飾はとても精巧。天井に描かれる褒め称えるの図案、庁内の手すりを巧は飾りを日の彫刻して飾る。白い大理石の階段に沿って玉のようなうねりの上に絵画色鮮やかな壁画は、多くの有名な歴史上の人物の巨大な肖像画。

ブリュッセル大広場

ブリュッセル大広場

隣接市庁舎の「産業労働組合」会場は17世紀で、市役所が斜め向かいには、19世纪フランス名作家のビクトル・ユーゴーのマンションで、その右側の日コウノトリレストランはマルクスとエンゲルス共同起案「共産党宣言」のところ、近く在来フランスルイ14世の離宮、今、この王宮がされている国家博物館をさける、
大広場に歴史の上で破壊されたことが。再建後、その規模が大きく、より美しいレイアウトし、日に日に全市の活動センター。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.