パリノートルダム

パリノートルダム

パリノートルダム

ノートルダム上からは三層。三人の桃太郎形の軒先並んだ底をめぐって、軒先で何組のレリーフ浮き雕り、聖書の物語と地獄の光景を表現内容。左門は聖母門、聖母圣婴鍛造彫は柱の上に、アーチ肩画面を描いた聖母の経野郎右門をサンタ・アナ県門、5世紀にパリ主教聖马赛尔儂彫刻で柱に、アーチ肩の内容は聖母とふたりの天使やモーリス·徳·苏里主教とルイ七世国王は、中門。最後の審判。で、柱表現カトリックイエス。世界最後の日。すべての人の運命のシーンを言い渡す。この3つの門の穴の上には「国王回廊”横長の床に並んで、28の帝王床の間に像。中間は円形の巨大な花の窓は、2つの軒先の間で、直径が約10メートルの花の窓のあなたをバラの窓には、すでに700年の歴史。聖母懐圣婴は窓の下で花を彫ってし。花の窓の上へ、列を支えてベランダの彫りの石柱、かかっている『パリノートルダム」に描かれた加西莫多たたいた大制時計――マリーは、接続両側タワーの物件の一つ。

700年の歴史

700年の歴史

ノートルダム正門から中に入るは1つの長方形の大聖堂。1座尖塔直立することが明らかに高いf付属構造の本堂の屋根の上に、尖塔高90メートルで、塔の上でまた1階の形が先端、細長い十字架が先端に立って、眺めていると空につながっている。回廊は、窓や壁いっぱい取材は《聖書》旧約聖書の絵画着物儂、あるいは飾色ガラスを。全体のホールに満ちた荘厳で華麗、深い厳粛な感じで。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.