アレクサンドロス三世橋

アレクサンドロス三世橋

アレクサンドロス三世橋

セーヌ川河北岸東寄りのバスチーユ広場と西のコンコルド広場の間には、パリ市政府の所在地。フランス最大の大学区に位置するセーヌ河南のラテン区、有名なパリ大学はここに位置する。

アレクサンドロス三世橋

アレクサンドロス三世橋

遊覧船のコンコルド広場に署名を横切って、アレクサンドロス三世橋。アレクサンドロス三世橋の由来とツァーリニコラ二世の父親、アレクサンドロスの関係。アレクサンドロス三世と締結法フランスだったロシア連盟協定。1870年、はじめに戦勝フランスフランス決定を創立して、この橋にちなんでアレクサンドロス三世橋。1896年、ニコラ二世はアレクサンドロス三世橋定礎。建設の橋の長107メートル、4基の橋塔の南北の両端の橋脚に立って。塔のてっぺんに空を飛ぶ靑銅飛馬座。アレクサンドロス三世橋と南岸の傷痍軍人院と北岸の大きさ、皇居には19世紀の華麗な建築スタイルの集中体現者。35アレクサンドロス三世橋橋にまたがるセーヌ川の両岸に無限な風景のセーヌ川沿い、より増えたと飛虹。
世界的に有名のエッフェル塔でアレクサンドロス三世橋以西。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.