ルーブル美術館(二)

現在、ルーブル美術館コレクション40万件フランスやヨーロッパさまざまなジャンルの代表作と珍品は一部の用いて展示が、光は閲覧この小部分も歩いて15キロの道のり。。愛神ビーナス」、「勝利の女神尼卡「と。モナリザ”と呼ばれる」「宮中三宝、もっとも注目されている、遊覧客は総先睹たいその風貌。これらの作品には非凡経験、しかもには特別な魅力。

ルーブル美術館

ルーブル美術館

1989年3月、ルーブルひとつ増えた新しい観光スポット。それは1基のピラミッドは、ルーブル両翼中間の「ナポレオン庭。内塔高さ20メートル、ルーブル美術館の主に人口。これは豊かな先見性の先行作品、フランスに向けて新世紀のマークの名誉。フランス革命200週年記念式典がまさにそれの落成日。今日はパリピラミッドの新しい風景だけでなく、それには注目の建築の傑作。ルーブル美術館そのため更に観光客から愛顧、観光客が殺到。

ルーブル美術館

ルーブル美術館

ブルボネー宮はセーヌ南岸、国王ルイ14世はその娘ブルボネー公爵夫人の建設の王府、1722年に着工し、6年にわたって作り上げて、外観はきわめて豪華に次ぐ、当時の王様の宮殿。1789年以来、最高となっブルボネー宮フランス立法機関の所在地は、フランス人の心の中で法律の象徴。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.