ブルボネー宮殿

ブルボネー宮の北門は12本大圏石柱構成の広い柱廊しながら、三角の横楣。国民議会。一行文字に刻まれ、そして飾は全身レリーフ。柱廊下30級階段、両側の6体を彫って整然と秩序に並ぶナン。

ブルボネー宮殿

ブルボネー宮殿

宮内の中央ホールは20メートル、幅11メートル。東側。布勘弁庁。で、西側は「徳拉克魯瓦庁」。抜ける。布勘弁庁。国会は図書館に並ぶ52面戦旗でいずれも当時の敵国戦旗ナポレオンを手に入れたほか、ナポレオン遠徴前彼のために書いた学者にさせエジプトの文献。館内は蔵書約60万冊のうち、ルソーらの原稿を、いくつかの原始調書、12世紀の聖書の、セット。宫方コミュニケ。、年鑑、紙などの善本。

ブルボネー宮殿

ブルボネー宮殿

中央ホール直通半円形の議会のビル、その二階環状廊下を20本柱に区分され大理石使節団席、聴衆と記者席。議長席両側をそれぞれ代表がそびえている。自粛。、。正義と。「6体を彫って俶力。議長席をマホガニー椅子を掲げて、その後は19世紀アテネ式の高ボリンジャーバンド巨大タペストリー。8行約500席の議員席はビルの中央。また、議会の各議会議員、各委員会の会議室も分立その間。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.