科西嘉島

科西嘉島

科西嘉島

コルシカ島フランス大陸の東に位置して、地中海中部南方。北ぶりカスピ海利グリー、とニース向かい合い。それはフランス最大の島も、ナポレオンの誕生の地。 島の上層部の山々叠嶂、緑。欽托山海抜2706メートル、コルシカ島の最高点.島多い海峡。灣岸と小島。当所属の海洋性気候、温度をじゅういち月°c、はち月は23 . 9°c、烟波し、旅行者の心が晴々として、貴重な観光地。

科西嘉島

科西嘉島

1769年、ナポレオン1世のアジャクシオコルシカ島で生まれ、彼はフランス第一帝国の創始者、ナポレオンとその家族がほとんどアジャクシオ城の1か所の古跡にも関係がある。ナポレオンの誕生の1基の普通ビル街に位置するシエルは、幾多の修繕に博物館で、専門を紹介するこの名人の生涯の業績。ナポレオン像をそびえる臨海のシャルルドゴール広場で:長方形の小さい壇に位置している石質の方壇の中央、小さな壇には一匹たくましい馬にまたがって、それのひづめフライ、高揚に、ナポレオンが足を拡大马镇、スッポン、兜を被る、左手に軽く輓馬縛、頭マイクロ昂、両目を見つめている北西.彼が視先の海峡の向こうはフランス広大な土地。4人の侍分立側壇四角、様々な形で、凛々しい。

科西嘉島

科西嘉島

 

また、市政府ビルにあるナポレオン家族の展示ホール、同城でもナポレオン命名の街。後代の人にもナポレオンの功罪は評価しないが、アジャクシオ城の人民はずっと彼を誇りに思って。 果物とカンラン油はコルシカ島の主な製品のほかに、豊富な野生動植物資源。ここは四季如春、色とりどりの花が飾っていコルシカ島、四季の常緑の低木や古い森林コルシカ島にも入り込んで。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.