アラン布拉と赫内拉利費

アラン布拉拉利費と赫内に位置しスペインのグラナダ。
「アラン布拉」すなわち「赤い城」という名前は、源はそれで建て赤い土の丘の上に、そしてまたは城壁で紅土構成。敷地面積は1 . 4万平方メートルの建築群は城と王宮集于一体。
アラン布拉はご城門。と用途に分け、城モスク親衛隊の防御区域や王宮などいくつかの区域。
アラン布拉建築と装飾芸術の顕著で代表は王宮。2か所の広い長方形宮院は隣接する庁室には王宮の主要な建築。長140フィート、幅74フィートのてんにんか宮院中央、建て大理石铺砌の大きな池の週りを選んで、植金娘花、南北ハッチバックは無数の柱の構成の廊下。この柱仝饰で無類の図案で、円柱は大理石、真珠など磨いぬ粉末、混入土で、そして人工ゆっくり羅列彫刻を守る。は正方形の大使庁毎辺37フィート、四面壁壁は金銀糸をちりばめていぬの幾何模様。中間は美しく見え室、室内の高い75フィートのドーム内に設け、スーダン御座。大使のように刻まれて、まだ星状カラー天然痘とアーチ窓を抜いて、また長方形宮院はしし庁、この宮院長116フィート、幅66フィート。週囲を小さく渡り廊下で、回廊内124根大理石の円柱、中耳の建物を適切な式手まね西教団が作られ、霊の丸い屋根飾象眼の絵柄が金銀糸。しし泉はこの宮院の中心、雕っじゅうにメートルの象徴と武勇力の白大理獅は雪花石膏の盤状を取り囲んで池ウェル、造形雄勁、勢いを奪う。
科马レイス院は内宮を入浴したところ、境内にはアラン布拉最高の建物――科马レイス塔、諸王祠の中央に散りばめて隆は、歴代君主の像が殿頂からも違う方向に設置された多くの小さなアーチ窓、室内から十分な光を。
近くに位置するアラン布拉丘の赫内拉利料は国王夏の避暑の離宮。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.