ベルリン壁

ベルリン壁(ドイツ語:Berliner Mauer ;英語:Berlin Wall)、正式名称を反ファシズム防衛壁(ドイツ語:Antifaschistischer Schutzwall)は、ドイツ民主共和国(以下、「民主ドイツ」や「東独」)は自分の領土に囲まれ西ベルリン辺境の国境警備システムの目的は、民主ドイツ阻止(を含む首都東ベルリン)とドイツ連邦共和国(以下「連邦ドイツ」や「西ドイツ」)の所属西ベルリン間の人員の往来を自由に(実際には逃げ防止東独人民西ドイツ)。「いち」
ベルリン壁1
1961年8月13日、全長155キロでベルリン年8月13日、全編年8月13日にベルリン年8月13日には。最初は針金やレンガを材料の国境の囲い、後期の補強を理由に監視塔、コンクリート壁、開放地帯や反車両壕構成の国境施設。ベルリンの壁はドイツ分裂の象徴、冷戦の重要なシンボル性建築である。「いち」
1989年11月9日、民主ドイツ政府は、連邦ドイツ、西ベルリン、ベルリン、壁に開放された。1990年6月、民主ドイツ政府は、ベルリンの壁を解体することを正式に決めた。「いち」
今ベルリン壁跡をベルリン壁を持つ遺跡記念公園や、世界最大の露天画廊――東画廊。ベルリン壁遺跡記念公園は位置するベルリンモノレールの北駅、地下鉄駅の間ベルリンボオン瑙通り;東ギャラリーはベルリン東駅から奥伯鲍姆桥の間には、1990年きゅう、く月28日から21カ国180アーティストに及ぶ1316メートルのベルリン壁に創作の絵画の構成の違うテーマギャラリー。

Berlin, Germany, 19th November, 1961, East Berlin border guards adding barbed wire to the newly built Berlin Wall, The wall was set up the Soviet army to prevent refugees escaping from the Soviet sector in the East to West Berlin  (Photo by Popperfoto/Getty Images)

Berlin, Germany, 19th November, 1961, East Berlin border guards adding barbed wire to the newly built Berlin Wall, The wall was set up the Soviet army to prevent refugees escaping from the Soviet sector in the East to West Berlin (Photo by Popperfoto/Getty Images)

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.