セントポール大聖堂

セントポール大聖堂

セントポール大聖堂

セントポール大聖堂は西暦604年聖・アウグストゥス以来ずっと倫教主教会の所在地、この教会は伦教サンパウロ保護神の名を冠して、元は1基のゴシック式の大聖堂、後に大火に壊す。既存建物はイギリス有名なデザイナーや建築家のグラム托弗・レンヌジャズ数十年に建てられた経。

イギリス人精神的な支柱

イギリス人精神的な支柱

1座二重十字ビルは教会の主体は、ビルの中には約100メートルのドームドーム。2階のドームの下層は圏円形の石柱、ドームの先端に立ってメッキの十字架。教会の正面は穹窿ドームは、12本の大きな丸い石柱に支えられた、石柱上部は、サンパウロダマスカス雕てまで布教柄の「人」の字の壁。「人」の先のところをサンパウロの彫像。

イギリス人精神的な支柱として、人をイギリスずっとセントポール教会と見なして炎の中に舞う鳳凰再度昇るところ、イギリスチャールズ皇太子1981年ここで挙式を見たいという人無数の人々に早めに囲まれ盛況ここが水泄不通。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.